Diary of My Climbing Mountains.
平成31年度(2019年)の山行記録

No.日付曜日天    候行き先(山の名)標高備   考
 101月01日 火 晴れ 千石城山  756.0 周さんと、2年連続。出掛けの好天で剱岳が
 望めるかと思いきや山頂到達頃は雲に隠さ
 れてしまった。でも、山頂で多くの友人・知人
 と出会え満足のゆく山行となった。
 201月02日 水 小雪が降ったり
 やんだり
 大辻山 1,361.0 大辻林道は、予想以上の雪量であった。(1m超)
 一本のスキートレースを頼りに歩いたが、長尾峠
 まで2時間半。結局、正午前奥長尾山で止めてし
 まった。スキーヤーの黒田氏と一時間ばかり山談
 義。
 301月03日 木 雪 高落場山 1,122.0 五箇山は凄い雪量。前日に登られたと思われるト
 レースがかなり消されていた。唐木峠まで結構時
 間が掛かったが、ブナ林までは順調。しかし、ブナ
 林の先は結構しんどかった。山頂でじは横殴りの
 風雪。深いシェルターを造って凌いだ。帰りは、走
 って降りた。
 401月04日 金 晴れ 来拝山
 (大日の森)
 
 899.3 孫達を雪山デビューさせた。いろいろと心配した
 が結果オーライ!当初から大日の森辺りに標準を
 合わせていた。ソリも担いだ。お天気で良かった。
 501月07日 月 小雪のち晴れ 八乙女山  756.0 孫達の送迎があり始めから、八乙女山と決めてい
 た。曇り雪の予報であったが、お天気になった。食
 事は東屋に入らず。牛岳を眺めながら峠で行った。
 601月08日 火 曇りのち雪・雨  小佐波御前山   754.2 完全な雨予報で牛岳から小佐波御前山に変更。
 しかし、下山時まで全く降らなかった。そして、降
 りがけに雪。御前山辺りから雨になった。
 701月14日 月 晴れのち曇り  土倉山  1,384.0 11名という大所帯の山行。しかも、1月で中高年
 である。雪量は少なく、ヤブもあったが、熟達者達
 は、難なくクリアし、4時間余で山頂に達した。あの
 好天も、山頂では望めなかったが、大宴会(酒なし)
 でお腹がいっぱい。そして、歩きに満足げであった。
 801月20日 日 雨 八乙女山  756.0 いろいろあって、出掛けられるのは午前中だけ。
 雪が無いとの思いからカンジキを担いでツボ足で
 臨んだ。しかし、意外と雪量がありスノーシュー
 でも良かったと思った。
 901月21日 月 雪 高落場山 1,122.0 五箇山に降った雪は、トレースを消していた。し
 かも、ヤブもある。山頂に届くのかと思ったが、
 いつも失速する「山ノ神」が頑張ってくれた。
 山頂午後2時発で、孫の育成クラブの迎えに
 間に合った。
1001月28日 月 曇り ハゲ山
 城ヶ平山
 464.7
 446.3
 西種(水上)から。トレースは、びっしり踏み固め
 られていた。剱岳を、ずっと眺められてラッキー。
 予報を鑑み、お昼まで車に戻るが奏功し雨に
 遭わなかった。
1102月04日 月 雨が降ったり
 やんだり 
 小佐波御前山  754.2 始めから雨予想で臨んだ。しかし、時折陽が差す
 お天気。でも、やっぱり雨が降ったりやんだり。
 他に誰もやって来なかった。ところが、マキちゃん
 のお出向あり。(猿倉山と御前山の途中)嬉しかった。
1202月05日 火 晴れ 大地山 1,167.0  お天気なら当然の如く大地山。夢創塾からの登り
 に「山ノ神」喘ぎ喘ぎとなる。標高910m付近で
 リタイアとなる。ベンチ・テーブルを造る。それから、
 またまた単独行が始まる。トレースのない山は、
 何だか嬉しかった。今日は始めから最後まで時計
 とにらめっこで厳しい山行となった。私は、一度も
 腰を降ろさなかった。
1302月11日 月 曇り 牛岳  987.0 ガリ君と一緒。心配されたお天気も持ち堪え、雪
 量もあり、雪質もまずまずと恵まれた山行となる。
1402月17日 日 晴れ 大地山 1,167.0  
 02月18日 月 晴れ