No.1 (H.18.09.24)


    「山ノ神」の由来は、特別の意味もなく、HP上で、照れ臭い女房の代名詞と
    しただけ!

    事実、家庭内では、「比佐恵」と呼んでいる。「お母さん」とでも呼ぼうものなら、
    「私は、あなたのお母さんではありません。」 と返ってくる。

    母が存命中は、「あなたのお母さんは、あちらにおいでます。」 
    また現在なら、 遺影を指さし 「お母さんはあちらにおいでます。」 
    と、返事をしない徹底ぶりである。
    もちろん「ママ」などの言葉は、我が家にはない。

    「名前で呼んで・・・」 も良いのであるが、腹立たしい時に、何処かの
    コマーシャルにあったが、「酒の名」 を言ってしまった事がある。