No.10 (H.18.10.31)


   猫又山行(当初は赤谷山の予定)に際し、苦手な山(ブナクラの山々)と、
   健脚揃いに、恐れをなし、行こうか、行くまいかと結構悩んでいたようである。

   「行きたくないのならそれで良いが、行きたいのだけれど、体力が心配で、
   悩んでいるのなら、荷は全部私が担ぐし、力尽きたら、その時点で私も断念し、
   他の人達だけで先に行ってもらう。」 が、利いたのであろうか、行く事を決断
   したらしい。

   連れて行かないと、後々尾を引き、我が家の生活に、ひびが入る事が
   必至であるから、言うだけの事はしておかなくては・・・である。

   いつもの通り、そこまでは良いのである。我が家では、食料だけは直前に、
   リックの中に詰め込む習慣になっている。

   荷は一つであるから、私がチェックする事になった。客人を車に乗せる事
   もあり、かと言って、飲まないのも寂しいので、前日スーパーに出掛け、
   ノンアルコールビールを1本買っておいたのであるが、何とその他に、
   350mlのビールが3本セットされていたのである。

   飲まない予定の私が担ぐのに・・・「私は飲んでもなめる程度、1本減らせ!」
   の提案に、黙り込んでしまった「山ノ神」。


~~時は流れ、4時間半で辿り着いた猫又山頂~~ 


   猫又山の絶景に、「あ~ぁ、もう1本飲みたい。」 などと、またもや盛り上が
   っていた。
   どちらかと言うと、独り占めで飲むのではなく、「周りに飲まない?」 などと、
   勧めるタイプであるから、まだ救えるか!