No.106 (H.20.02.29)


      依然、シュラフ生活が続いている。
      それは、「夫婦別寝」 を助長するようなものであって、
      その形態も、予想以上なものになりつつある。

      小さな旧座敷の私は、北極の氷上の様相。
      かたや、「山ノ神」は、南極と言えども、暖房の効いた昭和基地に匹敵する。

      「別寝」 であっても、相手の見つめ直しに費やす時間であったり、
      音楽・読書、或いは、趣味めいた事への空間であれば良いが、
      飲んで、疲れ果てて、只、寝るだけなら、その意味は薄い。

      山へ入れば、シュラフ生活は普通の姿。
      山中心のライフスタイルが、最早、此処まで来るようになったのであろうか? 

      来週は、今年3回目の雪山泊。
      もう、「連休は山で泊まる。」 になりつつある。