No.108 (H.20.03.13)


      私が雪庇を踏み抜いた時、「山ノ神」が、駆け寄ったという。
      その時、「しめた!」 と思ったのか、「困った!」 と、思ったのかは、
      怖くて、まだ確認していない。

      運良く、落ちても、その場所に留まり、震えながらも、
      上部で私の状態を見定めていた仲間達の様を思わず、私は撮った。

      家に戻って、画像を見れば、「山ノ神」だけが、笑っていた。
      ローンがなくならず 「残念だった。」 の苦笑いか、
      捜索費用が、掛からなて、「良かった!」 の笑顔かは、
      まだその判別が出来ないでいる。



      急登場面では、先行の「山ノ神」が石を落とす。
      切り立った所では、何かしら、後に殺気を感じてしまう。

      「あなただけが頼りなの・・・」 は、深い意味があるようで仕方がない。