No.109 (H.20.03.21)


      東京の娘がやって来た。
      今度は、ダンナが信州・諏訪に、娘は越中・高岡にと、別行動らしい。

      昨秋は、地図展を見に来たと、2日間も富山に行ったし、
      今回は、フルートの練習だと言って、富山の芸術創造センターへ、
      出掛けて行った。
      最近は歴史にも凝っており、おおよそ、理系とは思えない。

      そんな、娘の帰省は、二人暮らしの我が家にとって、
      5割増しになるわけで、実に賑やかになる。

      それはそれで、楽しいのであるが、娘は、帰省するなり、
      いつもの事であるが、小姑化するのが「玉に瑕」 なのである。

      食事中も 「こぼした。」 「クチャクチャ食べている。」 
      「飲み過ぎ・・」 「カロリーオーバー」 
      冷暖房中は、「二酸化炭素がどうだとか・・」 次から次とやかましい。

      しかし、この時ばかりは、「山ノ神」との諍いもないし、だんまりもない。
      我が家の平和の時である。

      そんな娘が、「山ばかり行かないで、たまには東京へ来い。」
      と言って去って行く時が、ちょっぴり寂しさを感じる。