No.111 (H.20.03.27)


     先日の八乙女・大寺山行時に、ねぎちゃんから、
     「元ちゃん、何だか元気がないね!」 と言われハッとした。

     自分では、そんな素振りをしていないつもりでも、
     身体に出るものかと思ったのである。

       理由が分からないけれど、「山ノ神」と、何だかギクシャクしている。
     「わっ~」 と言い合えば良いのだが、我々の間には、それが成立しない。

     我が家では、「だんまり」 が待っている。
     これは、実に辛い。

     それを見越しての行動なら、「敵も、なかなかだな!」 と思うのであるが、
     必然的に、そうなるようであるから、陰湿極まりない。

     しかし、「山は別もの」 であるから分からない。
     「行かない。」 とは、毛頭言わないのであるから厄介である。