No.113 (H.20.04.04)


      我が家でも、ご多分にもれず 「年金」「病気」「介護」
      などの話になるが、山ノ神は、「なるようにしかならないから、
      遠い先の事は考えたくない。」 と言う。
      「アリ」と「キリギリス」に例えれば、差し当たって「キリギリス」である。

      「あんたが、寝たきりになれば、ちゃんと介護をしてあげる。」
      但し、寝たきりである。動き回るのはダメ。クドクド言うのもダメ。
      黙って寝たきりだそうだ。

      それは、母(姑)を看た実績からであろう。
      しかし、私は、母より身体が大きいし、
      「山ノ神」自体も歳を重ねる事になるから、あまり当てにならない。

      一方では、何の計算か分からないが、「私は、62歳の寿命だ!」
      「やりたい事は、やらなければ・・」 と言っている。

      「花の命は短い。」 「美人薄命。」 「いい人ほど先に逝く。」
      と盛んに言うが、どれも当て嵌まらないのに・・・

      ならばと、今後の人生設計に、「山ノ神62歳以降なし」 
      とすると、それはそれで、まずいと食い下がる。

      我が家には、バラ色の老後など、あるはずがなかろう。