No.118 (H.20.04.18)

     



        今日から高岡市民美術展が始まった。
        しかし、「山ノ神」は、一向に動こうとしない。

        「行ってきたら・・」 と言っても、他人事のように、
        「その内に・・」 とそっけない。

         大きく引き延ばした「黄昏の惜別」 と題した作品が、
        周りの優秀な作品の中に、埋没しているとは思えなかった。

        「大物は後から・・」 なのであろうか・・・
        新聞の中の名を探している様子も、私の目には映らなかったが・・