No.12 (H.18.12.7)



    負釣山に向かう新川広域農道を走っている午前10時半頃、「山ノ神」が、
    急に「白鳥山行き」を提案した。

    それならば、それなりに、もう少し早いく出発をしておれば良いものを、
    このままで行けば、登山口発が正午頃になってしまい「とても行けない。」
    と拒否をした。

    その提案の主旨、「負釣山の7合目付近や、山頂直下の急斜面を
    嫌がっている。」 事を、私は分かっていた。

    雪の着き方次第では、ちょっと登りにくいからである。山頂に立つよりも、
    「ビールが飲みたい。」 唯、それだけの事。

    登り始めてからも、「7合目で待機!」 を提案していたが、
    「どうする行ってみる?」 の問いかけに、「行ってみようか!」 であった。

    それまでに、
    「この雪の程度なら大丈夫だよ。」
    「一人でいるのもつまらないよ。」 
    「イザという時は、フォローするよ。」 
    などと、「山ノ神」に対する気遣いをしていた事もあったのかもしれない。

    登ってしまえば、「意外と問題なかったね!」 になってしまう。
    「休憩は30分ぐらいだよ!」 の約束も簡単にほごにされた。

    「登ってしまえば、こっちのもの!」 なのだろうか?
    「暗くなっちゃうよ!」 などは、上の空・・・・
    こっちは諦めて、コーヒーを何杯も飲んでしまった。
    案の定! 登山口に着いた頃は、日が落ちてしまったのである。