No.120 (H.20.04.26)

 

     素晴らしかった僧ヶ岳・駒ヶ岳山行の余韻が未だ残っている。
     何度も通っているだけに、4月のこの山域の良さを承知していたが、
     キャンプとなると、長い林道、急登はちょっと辛い。

     しかし、片貝第2発電所から、歩かなければならない時が、
     我々が登れる時期としては一番美しい。
     また、山中で泊まれるからこそ、朝夕の素晴らしい光景に出遭えるのである。

     そして、美酒に酔いながら・・・・
     つまみは、如何様にもある。
     夕日・雲海・先鋭な山容・街灯りなどなど・・
     やはり、晴れていなければならない。


     「ゆっくり歩けばいい。」 と言いながら、
     一年一年、重荷が肩に食い込んでいくに違いない。

     酒量を減らすしかないであろうが、
     それでは山の味(楽しみ)が、半減すると「山ノ神」は言う。

     では、一年一年、何事にも強くなっていく、
     あなた様が、担いでいくしかないのでは・・・