No.121 (H.20.05.07)

 

    「山中で、点滴を打つのを止めないか?」 と「山ノ神」に提案をした。
    「一人で飲んでいても、楽しくもないであろうし・・」 と!
    「家に戻って、飲めば良いじゃない!」 も付け加えた。

    「山で飲むのが楽しみなの・・・」 は、「山ノ神」の言い分。
    「では、私はどうなるの?」

    これを、ず~っと、繰り返していただけに、
    娘来髙の際、効き目があるのではと、再び持ち出してみた。

        「お母さん、お父さんに何かあったら、どうするの?」
    「山ノ神」 「ム・ム・ム・・そんな事ないと思う。」 と、トーンが下がる。

    「山ノ神」 「でも、これがないと・・」
         「しょうがない人だね!」 

    もう、何を言っても、ダメなようである。
    食べ物が喉を通らない以上、ある程度見逃すしかないし、
    「来なければ・・」 などと言えば、報復が怖い。

    この歳で今の状態である。
    もっと、歳を取れば、どうなるのであろう。
    私は怖い怖い夢を、見続けなければいけないのであろうか・・・