No.125 (H.20.05.13)

     



       楽しかったキラズ山・山菜山行を終えて、解散したのが午後4時半過ぎ。
       いや、午後5時頃だったかもしれない。

       車を「牛岳」に向けた。
       キラズ山が、決して物足りなかったのではない。

       では何故・・
       「明るい内に、家に帰った事が少ない。」 の他に、
       「早朝に、もう一度くらい、ワラビ採りに、牛岳行きを、
       せがまれるのを回避!」 が最大の理由。

       「もうないよ。」
       「これだけ採ったのだから・・・」
       そう思わせるのが狙いであった。


       まんまるな夕日が沈むのもいい。
       牛岳は、「トレーニングの山」、「時間のない時に登る山。」 だけでなく
       「雪の山」 「山菜の山」 「ササユリの咲く山」 「紅葉の山」
       などと、いろいろ楽しめる山でもある。

       暗くなって戻れば、冷たいビールが待っている。
       でも、飲みたい飲みたいと思って帰っても、そんなに飲めるものでもない。