No.126 (H.20.05.14)

     


       「歯が悪い。」 が、「山ノ神」の食が進まない理由でもある。
       昨日も、奥歯を一本抜いたようである。

       「こんな日は、アルコールを抜いた方が良い。」
       「これを機会に、一日くらい休んだ方がよい。」
       「飲まない日は、翌朝の目覚めが良いものだ!」 も付け加えた。


       今朝、「お~い、いい加減に起きてよ・・」 の声掛けに、
       返って来る第一声は、「飲んでも飲まなくても、いっしょ・・」
       である。

       「自覚の問題」 「寝坊助なだけ!」 なのに、
       「歳を取ったら、早く目が覚めるだけ!」 などと小憎らしい事を言う。

       「私は、あなたより、遅く寝て、早く起きる。」 なのであるが、
       そう言うと、「またイヤな事を言った。」 とむくれてしまう。

       私からのお願いは、「毎日飲んでも良いから、早く起きて欲しい。」
       只、それだけ・・・・