No.127 (H.20.05.24)

     山の神は、7年前の秋、斑尾山で撮った写真がお気に入り。
     四つ切りの写真となり、額に収まっている。

     これに黒のリボンを付ければ遺影となる。イェ~
     本人もそれを希望・・・ 

     希望していたのであるが、最近、「更新」 を願い出て来た。
     「なんぼ、何でも、7年前の写真では、厚かましいのでは・・」 が、その理由!

     「更新」 とは、撮し直せとの事であるが、「きれいに撮れ!」 
     の条件が付いて来る。

     生憎、私のカメラは、正直で、なかなか、そのように撮れないでいる。
     それでは、「急に何かがあったら、どうする。」 と、迫られるから困る。

     私は、日頃から、遺影には、違和感を持っている。
     直近の写真に、拘るのであれば、死んでも死に切れない。

     どれだけ歳を重ねようが、若い時の写真でもいいではないか・・・
     何も、おじいちゃん・おばあちゃんになってからの写真を、
     飾らなくてはいけない事もないのでは・・・

     「成年」「中年」「熟年」の写真を、揃えてもいいではないか?
     と思う。 そうなると、「斑尾山の写真が生きて来る。」

     そんな事を言っている間に、
     もしかして、私の遺影が、そ~っと、用意されていたりして・・・・
     「準備が出来ておりますよ!」 などと・・・