No.129 (H.20.05.27)


      雪がなくなる頃から、虫(ブヨ)が多くなる。
      昨日の金剛堂山にも、ブヨがたくさんいた。

      少々痒いくらいなら未だ良いが、皮膚の弱い人などは、無残である。
      山の神も、その一人。

      登りで、もう目の下が腫れ上がっていた。
      頭から被る網を持参するのを、忘れていた私の怠慢である。

      酷い時は、身体中、真っ黒になるくらいに襲われる。
      食べ物中に入って来る。
      耳や鼻の中に入って来る。
      口中の上顎に、くっつくと結構つらい。

      その点では、昨日も、イヤな雰囲気であった。
      しかし、雪上を求めた頃から、そよ風が吹き出した。

      そのそよ風は、我々の熱き山の思いだけを残し、
      ブヨだけを、一掃してくれた感じであった。

      そうなれば、天ぷらに目が移った。
      「天ぷらは、手が忙しくて、飲んだり食べたりする暇がない。」
      と嘆くが、食の細い山の神には、丁度良いのかもしれない。

      また、どちらかというと、口数のすくない方だけに、
      注目されるのは、その時だけ・・・・ (その時だけ、ヒーロー)

      自分の立場を、わきまえておれば、大体上手く行く。
      そして、ストレスが残らなければ、全て良しなのである。

      我が家には、帰宅してから「反省会」が待っている。
      その進行役が、最近、山の神に移りつつあるのは、何故・・・