No.130 (H.20.06.04)


      北ノ俣岳以来、「山の神」は、12本爪のアイゼンがお気に入り。
      心配された大日岳の急斜面を、橋ちゃん・ねぎちゃんの後を付いて行った。

      しかし、下りでは、思うようにいかなかった。
      もっとも、斜面を見ただけで、足が竦んだのであろう。

      スムーズに、降りられるようリードをしたのであるが、
      上手くはいかなかった。

      降り始めてすぐさま、山の神がスリップした。
      それを止めようと、身を挺すると、そのアイゼンが、私の左足脛を襲った。

      思わず「あ~っ、痛っ・・」 と声を上げた。
      緩斜面になって、その痛い足を、そっと覗くと、
      ゴルバジョフの額のアザのようと言えばいいのか、
      それとも、噛みつかれた歯型のような感じと言えばいいのか、
      どちらにしても痛かった。

      その後は、尚更のようにびびり、最後は手を取り降りざるを得なかった。

      日頃から、「ピッケルやアイゼンの使うような山には行かない。」
      のなら、良いのであるが、そんな事は現実的にはあり得ない。

      もう少し、意識改革をしてもらわなければ、こちらの身がもたない。
      でも、今、思い出してみると、あのアイゼンの角度は、
      野球のタッチを避けるような、鋭いスライディングのようにも思える。

      やはり、凶器となる用具は、使わせない方が、正解なのかも・・・
      どちらにしても、私の寿命を、縮ませるように思えてならない。