No.132 (H.20.06.06)


       寝坊助の山の神に「早く起きて・・」 と声を掛けた。
       起きないので身体を揺すった。

       そして、「具合が悪いのか?」 とも尋ねた。
       「疲れているだけだ・・」 の答え。
       「寝不足・・」 の言葉まで加わった。

       「何を言っているんだ!こっちは、あんたの半分も寝ていないは・・
       疲れや寝不足は、病気ではないや・・いい加減にせんか・・」
       とは言わないで、密かに呟いた。


       昼食に、あの「ギボウシ」 が出た。
       ほんのちょっぴりだけ口にして残した。
       そのままの状態で、また夕食にも出た。

       二食とも、テーブルの前には自分だけで、山の神は、
       台所から離れている。
       こっそり、私の行動を眺めている様子でもない。

       偶然なのか、どうか分からないが、昨日の午後から、
       口の中が乾き、唇がしびれている。

       そして、山の神自身が、食した様子も見当たらない。