No.134 (H.20.06.10)


       薬師岳標高2600m付近で、雷鳴が轟いた。
       雲の平、また、見えないが水晶岳・鷲羽岳方面の雲の動きが
       異常であった。

       「ピカ〜ッ」 と光れば、何も無い雪上を歩いている者として、
       誠に感じ悪い。

       「どうしよう?」 と、山の神が言ったが、どうしようもない。
       「宝くじに、当たるようなもの。」 と慰め的な言葉を吐いたが、
       こちらも、心中穏やかでなかった。

       のちに、アラレが降って来た。
       とっさに、まずいと思った。

       30年前、目の前に落雷した時、大粒の雹(ひょう)が降ったからである。
       しかし、今回は、それを免れた。

       もしかしたら、「山の神様」 への献上物を、
       ザックいっぱいに、入れて来たからかもしれない。

       しかるに、「あなただけ、山頂へ・・」 のお言葉を、おいそれと、
       お聞きする事など、毛頭出来なかった。

       山頂を諦め、献上物(点滴)を奉納すれば、嵐は急に収まり
       「あれは、何だったのか・・」 となる。

       非日常でも何でもなく、日常に戻された感じになり、
       惨めさが漂ってしまった。