No.137 (H.20.06.16)


       大猫山のガレ場で、山の神が、ウドを見付けた。
       ちょっと、危険な所である。

       あまり、見栄えが良くなく、決して「上物」 ではなかったのに、
       それを、私に「採れ!」 と、命じたのである。

       採って、上へ戻ろうとしたら、「もっと、下にもある。」 と言う。
       「手掛かりがない。」 と返すと、「あんたなら、採れる。」 と、
       諦めない。

       あの場面で、事無きを得たが、家に帰って、よ〜く考えて見た。
       「周りに証人がいた。」
       私が突き落としたと言われない・・・ 山の神