No.14 (H.19.4.05)


    「どうにでもして・・・」 というスタイルではない。

    4/2 春木山に出掛けた際、宮屋敷跡まで、あと15~20分程の所で、
    「 山ノ神」が、ついにダウンした格好である。

    この時ばかりは、「ビールの飲む時間がなくなるよ!」 
    「俺が代わりに飲むから・・」
    などと言っても、起き上がろうとしなかった。

    そう重くもないリックなのに、林道歩きが応えたからであろうか? 
    それとも、やはり「4時間足」 だからであろうか? 

    しかし、宮屋敷跡から春木山に向かう時も、「まだ行くのか?」
    などと言っていたが  「来て良かった。」 と、言い終わらないうちに、
    シェルター造りの私を、全く無視して、点滴を打ち始めた。

      「山はこれでなくちゃ~。」 である。
    帰りの運転をするなんて、全く考えた事もない。
    この頃の私は、すぐに「コーヒータイム」 も致し方ないところである。