No.145 (H.20.07.17)


       私の左足には、山の神が、アイゼンで蹴った傷跡が残っている。
       今も、ゴルバジョフの額にあるような形をしている。

       「あなたは、私だけのもの。それは、愛の証」 だと思えば、
       「遺体確認に都合が良い。」 との事。

       「でも、燃えてしまったり、腐ったり、溶けたりしたらダメよ!」
       と念を押される。

       甘~い言葉など、もうない。
       「担げ!」 「運転せよ!」

       そのくせ、「臭い。」 「汚い。」 「格好が悪い。」
       の単語が並ぶ。

       小さい声で、「私を認めてくれる所(人の所)へ行きたい・・・」
       そんな所(人の所)があるわけないか・・

       こんな事が、山の神の耳に入れば、殴られたり、
       蹴られたりする事はないにしても、「だんまり」 と兵糧攻めが待ち受ける。

       「これも恋、それも愛♪」 なのか?

       「あなたは、私だけのもの。」 「私は、あなただけのもの。」
       そんな事、どうでもいい。

       「私は、あなたの恋の奴隷に・・」 の言葉を忘れて、
       いつの間にか、奴隷使いになっている人が憎い。