No.147 (H.20.08.09)


       


               上の写真は、山ノ神。
       富山県随一の国宝・瑞龍寺のライトアップを見に出掛けた時
       露天で書いてもらった似顔絵。

       山以外出掛けない私を見透かし、前売り購入していた山ノ神。
       ケチな私でも、出掛けないわけには行くまい。

       駐車に悩むのもイヤだったし、片道40分ほど歩いて出掛けた。
       歩く事に、些かな不満もないのであるが、
       下界の歩きは、私には合わないのであろうか、
       膝・脛・股関節に、異常を感じてしまった。

       山ノ神にしてみれば、歩くという事は、
       「飲める。」 と、イコールになるらしい。

       ケチ、いや、貧乏人は、帰路・缶ビールを買って歩く羽目になった。
       でも、私は、半分も飲む事が出来なく、
       山ノ神の口に、注がれる事になってしまう。

       家に帰って、似顔絵を見る。
       違った人に見える。

       「ちょっと、きれいに・・」 と言ってしまったのが、
       こういう事になってしまったのだろうか?

       少々、その突っ込みに後悔をしている。
       もしかしたら、山ノ神は、これを遺影の更新にと、言い出すかもしれない。