No.148 (H.20.08.28)


        「山ノ神」 は、トリカブトがお気に入り。
       白山でも、トリカブトの群落を見付けると否や、
       私に、「先に行け!」 と、一人で楽しむ様子。

       それは、私から見れば、「疲れを取る。」 一つの口実。
       しかし、そうとも言い切れないのが実情。
       その挙動に、些か疑問を持つ。

       山から戻ってからの食事に、どうしても、疑念を持たざるを得ない。
       「ポックリ」 は、まだ良いが、「ジワジワ」 は好まない。



       その白山、高度を上げる毎に、お天気が回復していった。
       しかし、室堂に到着した頃は、視界を失ってしまった。(気温も11℃)

       珍しく、「山頂まで行く。」 と、山ノ神は言う。
       ビールを持ってきたのかと聞くと、「うん」 と小さく頷いた。

       「1本か?」 の問いに、
       「うん、予備に、もう1本、ノンアルコールも・・」
       「???」

       山頂は小雨。
       「どうする?」
       「どちらでも・・」
       「風もないしやるか。」
       奥社の片隅で、罰が当たらないように店を広げる。

       「あ~っ」 と驚く!
       保冷剤とやらの理由付けで、もう1本のビールがある。

       それを知らさせぬままに、またもや担がされた事になる。
       ラーメンを作り、寒いのにビールも飲んだ。

       車を運転するまで4~5時間あるから、
       私も、缶ビールの半分を、コップに空けて飲んだ。

       後は、「家に帰ってから飲もう。」 と、仕舞い込んで山頂を後にした。
       ここまでは、よくある話。何処にでもある話。

       登山口まで、後1時間半残す地点になった時、
       突然、「山ノ神」 が、「ビールを飲まないか?」 と言った。

       「休憩をしたい。」 という意味だと思ったが、
       急いで1本は飲めないから、私にも半分飲め!」 という意味らしい。

       「何を言うか、俺はこれから運転をしなければならない。
       先の少しのビールさえ、後ろめたいところがあるのに・・」
       と言っても、効き目がない。

       では、「ノンアルコールビールなら・・」 とまで言う。
       「普通は、飲むと言ったら、止めるのが女房ではないか、
       それを飲めとは・・」 と、言うか言わないかの内に、
       プシューとなってしまった。

       0・5%とは言え、本当に大丈夫なのか?不安ながら飲んだ。
       その後も可笑しい。
       最後の部分が、飲みにくいから私に飲めと言う。

       0・5%を半分飲んで、車に戻って、水をガブガブ飲んでしまったが、
       そのような事に負けた自分を叱咤したい感じ。