No.151 (H.20.09.16)


     赤谷山の最後の登りで、山ノ神は、「降りるのは怖いかも・・」 と漏らした。
     私も、ちょっと心配であった。それこそ、落ちたらお陀仏であるから・・

     それでも、山頂に着いて、荷を調べたら、またしても、「点滴」 を、
     たくさん担がされた感じであった。

     山頂においでた八尾のおわらの先生達と、山談義をしている間に、
     山ノ神は、その「点滴」 を、チビリチビリと、私に気兼ねもなく、
     全てを飲み干してしまっていた。

     過去の山行では、寒かろうが、雨が降ろうが、マイペースで、
     点滴を相伴していたが、さすがに怖いところでは、飲まなかったのである。

     しかし、今回は、私の心配をよそに、スイスイと降りて行くではないか・・
     本当の意味での「点滴」 となったようである。
     いやはや参った!

     しかし、その「点滴」 もブナクラ峠で、切れてしまったようで、
     取水口までの道程は、結構辛かったようである。