No.153 (H.20.09.20)


      こんな事もあった。
      松尾峠の帰りの八郎坂で山ノ神は、「なめこ」 だと言って採ろうとした。

      私のキノコ類の知識は、全くと言ってもいいくらいに疎いが、
      「それは違うだろう。」 「止めとけ!」 と言ってしまった。

      それでも、山ノ神の執念は凄く、知っている人に聞けば良いとばかりに、
      数は多くないが、朽ちた木からむしりとった。

      「俺は食べない。絶対に食べない。」
      「食べるのなら、あんただけにして・・」


      一日おいて、知人に見せたら、「奥さん、これは違うわ!」 「違うと思う・・」
      となった。

      しかし、翌日、「なめこの味噌汁」 が食卓に上った。
      「何だよ!これは・・」 と私は食しなかった。

      でも、食の細い山ノ神が、食したのである。
      「これも、執念か・・」 と、女の強さと、恐ろしさを感じたのであるが、
      後から聞けば、その「なめこ」 は、スーパーで買って来たものだったそうだ。

      という事は、「自分だけ美味しいものを・・」
      のための「嫌がらせ」 としか思えなかった。