No.158 (H.20.10.23)


      今度の週末は、中学時代の同窓会に参加するため、
      「山ノ神」 が家を空ける。

      千載一遇のチャンスで、この時とばかりに、「何かを・・」 
      と思ったのであるが、「食事の用意は、しておきますから・・」 
      と隙を見せず、「特別の金子もいらないでしょう。」 と、牽制をする。

      食事の用意などせずとも、「早々にお出掛けなされ!」
      その代わり、「軍資金なるものを少々!」 と言えども
      見知らぬ素振り・・・・・

      かと言って、飲みに行く所もナシ、言い寄れる女性(にょしょう)もナシ。
      精々、家で大酒を飲むか、HPの更新に、時間を費やすしかないと
      見透かされている。

      「一泡」 などとは、滅相もない。
      山を歩く時しか、優越に感じる事がないのであるが、
      それも、この先、怪しくなるのは必死である。