No.203 (H.21.01.03) 翼を返してくれたのか?


         「山ノ神はどうしたの?」 と千石城山でも尋ねられた。
         「昨日も今日も、2日間ですよ。どうしたのですか?」 である。

         箱根駅伝もあるが、「もう自由になってもいいよ!」
         という事なのか? 

         いやいや甘い。24時間、365日も一緒。
         しかも休日まで一緒だった。のだから、手綱を緩めるハズがない。

         そして、赤ちゃんからおばあちゃんまで、「女」 と言われる人と
         仲良くしていようものなら、「デレデレして・・」 などと手厳しい。

         でも、最近「許してあげる。」 「まあ~いいか!」
         などと思われる言葉が、山ノ神の口から、飛び出すようになった。

         「元ちゃんに、心配する事がなくなったからじゃないの?」
         と山頂でそのような事が囁かれた。

         「そんな事はありませんよ。」 「元気です。」
         と、よからぬ意地を張ってしまった。

         家に戻れば山ノ神は、高岡の街を散策と称して外出だった。
         もしかしたら、私に翼をくれたのではなく、
         自分が籠から出たかったのかもしれない。