No.207 (H.21.01.07) 山の神 ダウン


       山の神が、ついにダウン。
       やはり朝は起きて来なかった。

       何を聞いてもだんまり。
       「何か言ってくれなければ困る。」
       「どうしようもないではないか・・・」

       今夕、ようやく口を開いた。
       「疲れから、弱い歯に来て(痛くなって)頭が痛い。」 という。
       「熱はあまりない。」 とか・・・

       本人は、疲れを強調するが、おそらく風邪であろう。
       あんな寒い大地のてっぺんで、ビールを飲んでいるのだから・・

       それから、暖房の効いた部屋で寝ているからだ。
       こちらは、Ⅰ年中、冷房も暖房もなく、
       扇風機も湯たんぽもない部屋で寝ている。

       「こちらの勝ちだ。」 などと言って、自分にも移る可能性がある。
       でも、別所帯だから大丈夫か・・・