No.209 (H.21.01.09)  喉を通らない。


       昨夜の山ノ神は、飲まなかったようである。
       いや、飲もうとしたが、「飲めなかった。」 が本当のようである。

       今日も、固形物が喉を通らないようである。
       スープでさえ、たくさん飲めないようである。

       「点滴が思うようにならなければ、死んじゃうわ。」
       山ノ神 悲痛の叫びである。

       「もしかしたら、私・・癌かしら・・・・」 ←yamanokami
       gensan→「癌の方が逃げて行くよ!」 と言ったものの、
       悄げた顔を見ているのも辛いものである。

       やっぱり、ちょっとぐらい諍いをしても、元気が良い。
       この分だと、今度の休日は、「欠席」になるかも・・・