No.218 (H.21.01.18)  山ノ神への奉納


       今日のハレルヤ山行で、またまた池田氏から、
       山ノ神へビールの奉納が行われた。

       山ノ神は、池田氏と同行となる度に、
       その恩恵を受け、良い気分になる。

       先日来の闘争が、今日のハレルヤ山行に影響したわけではないが、
       席を同中しなかった。

       19名の大テーブルに、ちょうどトイメン(向かい合わせ)となった。
       それを良い事とした山ノ神は、この日ばかりと、料理を私に託し、
       振る舞われる食材に堪能しながら、チビリチビリとやっているのであった。

       車中も同じくした池田氏に、ほんものの山ノ神は、「貴女だから・・・」
       と、またも持ち上げられ、気分を良くした山ノ神は、また御神酒(ビール)
       催促していたかのように、私には感じ取れたのである。

       池田様 貴殿こそ神様です。 山ノ神に仕える侍従より。