No.219 (H.21.01.19)  身の危険!


       「あなたの行く処なら、何処へでも・・」
       そんな気持ちなど、あろうハズがない。

       「この雨の中を・・・」   (何を考えているのか・・)
       「とりあえず、取り付き地点まで行ってみますか?」
       で、中止・変更などないと思ったという。

       「雨・ミゾレ・そして、暴風雪・ヤブ・腐った雪」 の何でもあり、
       2mも掘ったシェルター、タープを持って行きそうになった突風。

       北尾根から南尾根の周遊コースは、きっと、後々まで、心に残る
       山行の一つになる事であろう。



       家に戻って、後片付けをしているところへ、
       山ノ神が寄って来て、「ハッ~」 と、息をかけてきた。

       「おいおい、まだ時間が早い。」 と押し返すと、
       どうも、そのような類ではないようであった。

       山頂での滞在は、2時間余あったが、設営や料理に時間を取られ、
       ゆっくり飲む時間がなかったらしく、(そのようには見えなかったが・・)
       (隣席の淑女も、そのようであったとか・・)

       帰路の車中、喉が渇き、8号線八町辺りで、ペットボトルに入った
       お酒(清酒)を、少し飲んだとか・・  (助手席です。)

       それで、少しでも臭いがするかどうかを、確かめたかった仕草とか・・・
       私は、久しぶりに、手込め?にされるのかと、
       一瞬思ったのであるが、そんなハズがなかった。