No.225 (H.21.01.25)  山の上でのビール!  


       確実な行き先が決まっていなくても、明日の山行の準備を
       しなければいけない。
       「好山病・・」 に、中止などないからである。

       山ノ神は、食材と、それに伴う備品が担当であるが、
       何を忘れても、ビールを忘れることだけはない。

       「寒いから、ビールよりお酒の方が良いのではない?」
       のアドバイスに、山ノ神は、「夕べあんたが、全部飲んでしまった。」
       であった。

       飲まれない運転手は、余計な事を言って損をした。
       担ぐのは、私なのに・・・ 

       山頂には拘らない。しかし、飲む事には拘る「山ノ神」 は、
       その執念だけの山行のようである。(家で、飲んでおればいいのに・・)