No.226 (H.21.01.26)  嬉しい一言を求めて・・  


       この頃の 「山ノ神」 の歩きは、好調である。
       「2番手・3番手辺りを歩け!」 のアドバイスが、
       奏功しているようである。

       食が細く、途中でエネルギー補給が出来ないだけに、
       後尾に位置し、「着いた頃に、先頭がまた歩き出す。」
       パターンは、避けなければならないのが、
       ようやく、身に付いてきたのかもしれない。

       もしかしたら、「山ノ神 強いね!」 「元気だね!」
       の言葉に、尚更元気が出るのかもしれないし、
       その言葉が欲しくて、頑張るのかもしれず、相乗効果かもしれない。

       岩場や段差、また残雪期の堅い斜面など、苦手はいっぱいあるが、
       持久力を求められるところだけは、強力メンバーに、
       何とかついていけるようになった気がする。

       今一つ、
       細い食はどうしようもないが、麦や米の汁に関しては、
       強者達に引けを取らない。

       しかし、何事においても遅いのが 「玉にきず」、
       皆が片付けに入っても、ビール・コーヒー・つまみが、並んだまま!
       マイペースは、大物なのか、バカ者なのか、私にはよく分からない。