No.227 (H.21.01.27)  快い足の痛み  


       山から戻って、「足の痛みはどうか?」 と山ノ神に問う。
       どこで覚えたのか、「快い痛み」 と言葉を返す。

       「痛い!」 「辛い!」 などとは、毛頭言わない。
       言おうものなら、「早く寝ろ!」 と言われ、
       反省会に参加出来ないからである。

       「よく行けた。」 「行って良かった。」 から、
       「頑張れた。」 と自画自賛となるまではいい。

       その後、「よく、頑張ったね!」 などと、褒めろと言う。
       「ウン・ウン・ウン」 と、頷いてやるのだが、
       それでは、物足りないようである。


       「私の事、本当に好き!」 「好きなら、好き! と言って・・」
       それと、よく似ている催促のように思えて、とてもとても・・・