No.232 (H.21.02.06)  1本のビールの呪い     


       ゆっくり焦らず、そして、楽しく快適にを、テーマに出掛けた
       小白木峰・白木峰週山行に、持ち込んだアルコールは、
       清酒2Lと、缶ビール350ml3本であった。

       清酒はそれとして、山ノ神の考えとしては、缶ビールは、
       1人一日1本で、4本必要としていたらしい。

       荷造り段階で、私が結果的にミスったらしく、
       山ノ神にしてみれば、ちょっと不満だったようだった。
       (私は、清酒と缶ビール2本を担いだのであるが・・・)

       私は、シェルター造り後に、1本頂ければ、それで充分であるから、
       二日目は、遠慮しても構わないと思っていた。

       ホワイトアウトの中、無理矢理白木峰行きを決行しただけに、
       白木小屋で虎の子(1本のビール)を、楽しみにしていた山ノ神してみれば、
       何のために行ったのだろうかになってしまった。

       結果的には、車の中に置いて行っても、良かったのであるから・・・
       疲れ果てて、車に戻った山ノ神が、一番最初にした行動は、
       缶ビールの栓を抜いた事であった。

       それは、きゅーっと、一杯やるのかと思えば、
       そうでなく、空になったペットボトルに注いでいるのである。

       「何で、そんな事をするのか?」 と尋ねると、
       車の中では、缶ビールは飲みにくいとの事・・・・・
       もしかしたら、最後の一滴まで、届かないという事なのかもしれない。

       ところがである。
       注がれるペットボトルには、泡ばかりが立ち、
       一向に満杯にならなかったのである。

       今日は、私の不手際で、結構辛い思いをさせたので、
       「家に帰ってから飲んだら・・・」 などの言葉は掛けず、
       じっと我慢して待った。