No.238 (H.21.02.19) 誕生日プレゼントⅡ       


       プレゼントを用意出来ないまま山ノ神の誕生日を迎えてしまった。
       これはまずい。実にまずい。まずいに決まっている。

       「熱い口づけ」 や 「包み込むような抱擁」
       をプレゼント代わりにと思ったが、

       「幾つだと思っているの?」
       「何よ!いやらしい。」 と言われるのが落ちである。

       安上がりにしようと、毛頭思っていないのであるが、
       品物を贈らないと、手抜きと思われるのかもしれない。

       今宵が恐ろしい・・・
       「ぶすーっ」、として、何も喋らぬだんまりか・・

       その先に、何らかの手を打たなければ、
       ■□×◆$★※▼#になりかねない。