No.241 (H.21.02.24)  サギ紛い (サギまがい)


       先日の寸足らずの記述で、ちょっとばかり迷惑をお掛けしてしまった。
       「どら息子への送金は、サギ紛いのようなもの。」

       と、すれば良かったのであるが、
       いつも、ハラハラ、ドキドキ、終いには、カッカである。

       父でも子でもないと言いながら、また、これが最後と言いながら・・・
       そんな自分に腹が立ち、見境なく文章にしてしまった。

       山ノ神への「嘆き」を綴るハズが、いつの間にか、我が子にまで・・
       「恥ずかしい。」
       「ごめんなさい。」
       が 本当のところ。

       いろいろ心配頂きました。
       お見舞いのメールまで・・・

       でも、私には、多大な金額を振り込む技量などなく
       精々、山行に支障が出る位の金額。
       本当は、それが痛いのである。