No.242 (H.21.02.25)  触らぬ神に・・・ 


       今、我が家では、もめる事もなく、平穏である。
       しかし、ばらまかれている地雷に、いつ触れるか分からない。

       そんな中で、当面の悩みは、山ノ神の朝起きである。
       もうちょっと、早く起きて欲しい。

       起こさなければ、いつまでも寝ている有り様には、ホトホト参る。
       「年寄りではない。」 には、呆れるばかり。

       「低血圧だから・・・」 には、信用出来ないし、
       揺り起こせば、それこそ低気圧になって、嵐が吹き荒れる。

       「触らぬ神に祟りなし・・・・・」 
       それにしても、定時に朝飯が食べたい。

       「何! 自分でやれ!」  いやはや・・・