No.243 (H.21.02.27)  もしかして・・・  


       昨夜は、しなければならない事があり、PCの前に、
       午前2時半過ぎまで座っていた。

       イザ、寝ようとしても、なかなかん寝付かれず、
       午前3時半頃、風呂に入って暖まり、それから就寝となった。

       私と山ノ神は、もう、ラブラブという時期が過ぎ、
       家の端と端の部屋の表現通り、20~25m離れた所で、
       寝起きしている有り様である。


       起床は、平均を取っても、私の方が、1時間~1時間半早く、
       一段落した午前7時過ぎに、灯油をタンクに入れるため、
       仕方なく、山ノ神の部屋を通らなければならいのが日課となっている。

       ところが、眠れない日が、二日も続き、そのスタイルが崩れたのである。

       さすがの山ノ神であっても、同じ時間に 「起きろ!」
       の声が掛からなければ、何か可笑しいと思ったようである。

        それは、「ちょっと、動悸する。」
       「何だか、手が痺れるような気がする。」

       というような事を、最近、漏らしていたから尚更なのであろうが、
       山ノ神が最初に取った行動は、私が、息をしているかどうかを、
       試した事であった。

       始めに声を掛け、その次は、耳を寄せ息遣いの確認であった。
       日頃から、初期の発見は、救急車を呼び、
       気が付くのが遅ければ、「息が絶えるまで放って置け!」
       との申し合わせ通りの行動であったように見受けられた。

       人前で、倒れた時に、体裁が悪ければ、「大丈夫かと・・」
       「身体を強く揺り動かせ。」 とも言ってある。

       山ノ神も、最たる者。
       それを、「文章で書き置きしておけ!」 と言う。

       今回は、その予行演習のようなもの。
       山ノ神の 「私が先に逝く。」 とは、とても信じられない。