No.247 (H.21.03.14)  やっぱり、母・・・ 


       昨年の正月も、今年の正月も帰って来なかった大阪の長男が、
       久しぶりに帰ってきた。

       その息子を、駅に迎えに行こうと、山ノ神は、飲まずに
       待っていたのであるが、折からの悪天で、電車が大幅に遅れ、
       午前2時になってしまった。

       今回の帰省は、友人の結婚式に出席するものであり、
       「せっかくの休日での山行を断念する事はない。」 

       と言ってくれる息子であったが、それが尚更のように
       愛しくなったのか、山ノ神は母の顔に変わった。
       「何もしないかもしれないが、私は家にいる。」 と言い出した。

       山ノ神は、やはり母である。
       しかし、もう嫁ではない。
       そして、妻の立場も怪しい。