No.248 (H.21.03.20)  鬼のいない間に・・・


       来週の月曜日から4日間の予定で、山ノ神が上京する。
       その目的は、娘を迎えに行く事にある。

       私にも、来ないかと誘われたが、街中は、私には似つかないと断った。
       これから、何日も娘と顔を合わすのだから、
       「わざわざ行かなくとも、いいだろう。」 も理由の内。

       「山に行きたいからだろう。」 と見透かされているが、
       「何日も家を空けれない。」 と応じなかった。

       その間、「小遣いを置いていけ!(20,000円)」 と山ノ神に迫ったが、
       「それだけのお金を置いていくくらいなら、私は行かない。」

       とまで言われてしまった。「一日1000円でも多すぎる。」
       「冷蔵庫の中に食べ物があるから、一銭もいらないハズ。」 とか!

       「鬼のいぬ間に翼の整備」 とはいかぬようだ。
       余裕を与えないのが、敵の作戦ならば、秘策を講じなければならぬ。