No.25 (H.19.05.11)


       警 告!
     新たに女房殿を、山に連れて行こうと思っている殿方へ

    女房殿を、そ~っと、しておいた方が得策。
    「一緒に行けたら、楽しい。」 と思うのは妄想。

    無理をさせれないから、そのペースに合わせなければならない。
    体力がないから、荷を担がなければならない。

    仕舞いには、それが当たり前になり、小言まで聞く事になる。
    もしかしたら、日常の掃除・洗濯・炊事に、感謝の念を表さないお返しかも・・


    世には反対のご夫妻も見る。
    大きな荷を担ぐご婦人の後を、ヨタヨタと、それもかなり遅れながら、
    付いて来られる殿方もおられる。

    それが良いとは思わないが、ちょっぴり羨ましい!
    無いもの強請りか!