No.251 (H.21.04.01)  Kちゃんは・・・・  


       No.249で、あんな事を書いたからなのであるが、
       Kちゃんの事が話題になる。

       それは、私の話に合わせてくれるから、そうなるのであろうが、
       可笑しいやら、嬉しいやら、楽しくて仕方がない。

       「本当に夢だったの?」
       「Kちゃんと会ったのじゃないの?」

       「Kちゃんと会ったらダメよ!」
       「Kちゃんて、どんな人。」

       「山ノ神は、知っているの?」
       「こんな事知れたら、大変じゃないの?」

       などなど、他人の浮いた話は面白いらしい。
       でも、空想に近い話なので、語りようがない。

       全ては、大昔の話であるし、消息さえ掴めていないのだから・・・
       美しい想い出は、私の財産。誰にもあげられない。