No.256 (H.21.05.14)  ビールを飲まなくても・・・    


      娘にイヤミを言われたからであろうか、
      それとも、「丈夫な孫が生まれるように・・」
      と願を掛けているのであろうか。

      またまた、「イザという時のため・・」 にであろうか、
      山ノ神が、大好きなビールを飲んでいないのである。

      飲まないから特別手が震えるわけでもないし、
      貧血を起こす事もないようである。

      「もう点滴の用は足さない。」 のであれば、
      「我家計がプラスに転じる。」 ような気がするが、
      ぎくしゃくすれば何にもならない。
      案の定 言葉数が少ないし、明るさが萎んだ気がする。

      山行回数が少なくなり、ビールを飲む機会が少なくなれば、
      「何のために生きているのか・・」 とはおおげさか!

      山ノ神は、私と違い山行機会に恵まれなくとも、
      飲む機会が多ければ良し・・ なのかと思いきや、
      「やっぱり汗を流さなければ、何のビールかな!」
      とまで言うようになっている。
      これも「好山病」 の一つの症状なのかもしれない。