No.262 (H.21.05.28)   「ごんべい」      


       泣いたら山ノ神の出番。
       「だっこ」 するのが嬉しいらしい。

       今日も、ちょっと出掛けたと思ったら、赤ちゃんの肌着を買って来た。
       「何だか、あまりないもので・・・」 だそうだが、
       その分、私の物が削られていくような気がして仕方がない。

       その孫の名がまだ付かない。
       若い者に何か考えがあるのだから、私が出しゃばる事もない。

       でも名がないと、呼び方に困る。
       私は権兵衛と言っている。名無しの権兵衛である。

       娘の前で言うと叱られそうだから、山ノ神の前でしか言わない。
       「権兵衛は、どうしている?」 と・・・・・