No.264 (H.21.06.02)  姫さま       


       出生届は2週間以内に届けなければならない。
       娘の子にまだ名がないのだが、私の子でないから、
       知らん顔を決め込んでいた。

       親が口を出して、良い事など毛頭無いからである。
       それにしても、ちょっと心配である。

       実のところ、私も娘の出生届を、ギリギリに届けた経緯がある。
       しかし、母子手帳を持参しなかったため、役所では受け付けら
       れないと言われてしまった。
       出生届義務違反になるともいう。

       「私が、こうして届に来ているのに受け付けられない。?
       そして、違反などとは何事であるか!」 と談判して、
       受け付けてもらった事をはっきり覚えている。
       (あの時は、山ノ神が実家に帰っており、当然の如く母子手帳もである。)

       さてさて、話をもう一度娘の子(孫)に話を戻すと、
       「あんたが、昨日山に行っている間に決まったようだ。」 という。

       ムコ殿が、あんなに来高しておりながら、
       最後はメールのやりとりで決まったようである。

       その名が。「瑞姫 みずき」 と聞き、思わず「え~っ」と叫んでしまった。
       俺は、これから何と呼べば良いのか・・・・・・「ひめ」 「ヒメ」 か!!
       名前負けしなければよいが・・・・・・