No.27 (H.19.05.15)


      白山の帰路、車中で、「何を食べたいか?」 と「山ノ神」が尋ねた。
      帰宅が遅くなるし、「ある物でいい。豆腐か納豆があれば、それで充分!」
      と答えた。

      しかし、今日は、いつもの「山ノ神」と違い 「本当は何を食べたいか?」
      と必要に尋ねたので、「では、面倒かも知れないが、今日採った山菜の
      天ぷら!」 ・・・
      「そうでもないよ!」 どうしたのだろう。いつもと違ったコメントである。

      大事な土日に家を空け、今日の山行を含めれば、3連休という申し訳
      なさが、そう思わせたのかもしれない。


      前日も、1~2時間寝ただけで、目を擦りながらの運転となったのであるが、
      高速をケチり、103円のアイスクリームと、147円のコーラで、我慢しなが
      ら、天ぷらを脳裏に浮かべて、家路を急いだ。

      この頃は、「山ノ神」の入浴が先。山仲間からの電話を受けていた事も
      あるが、なかなか「上がった。」 のコールがなく、台所も静かであった。

      もしかしたら、風呂で溺れているのではないかと、思って覗いてみたが、
      「もぬけのから」で、何処へ行ったのかと探してみると、もうとっくに床の中。

      「ちょっとだけ休んでから・・」 を繰り返していたが、一向に起きて来る気配
      がない。
      約束をホゴにされたと、怒ってみても仕方がないから、こちらが風呂から
      上がってから、独りで、そ~っと、飲み始める事にした。

      「山ノ神」が、そのまま、寝てしまえば、「一日のビール代が浮くというもの」
      と独り勝手に頷いていた。

      しかし、戸を閉め切っていたはずなのに、そのアルコールの匂いを、
      どう嗅ぎつけたのか分からないが、目を擦りながら、やって来たのである。
      こうなれば、もうお仕舞い。天ぷらもなければ、ビールもドンドン減ってい
      った。