No.271 (H.21.06.19)  保険金           


       イザという時のために保険があるが、掛けられなくなれば
       止めなければならぬ。

       しかし、人間そうそう死なないし、入院しても、
       早めに追い出されてしまうようである。

       ではと、辛い思いをするより、「前倒しで人生を楽しむ!」
       という結論に至った。キリギリスになったのである。

       これから掛けなくても良い掛金はともかく
       何かしかの解約金(ほんのすこしだけ)をあてにして、山歩きに繋げる。
       だから、豊かな老後は私達にはあり得ない。

       私が逝けば、ローンが無くなる。山ノ神が逝けばローンが残る。
       税制・年金何でも女性に有利になっている。

       また、女は幾つになっても、再婚話はある。
       男は特別な人でないと出来ない。

       女性優位である。
       何と言っても、自立が出来ない男はダメなのであろう。

       では、こっそり山ノ神に保険を・・・・・・
       でも掛ける甲斐性もない。