No.273 (H.21.06.21)  時間がないと言っても・・・・・・          


        風衝草原を歩きながら、笹藪に入ってススダケ採りに興じながら、
        「お腹が空いたね!」 と言っても止めなかった。

        そして、時間がないと言って戻り始めたのであるが、
        「儀式だけはせねばならぬ!」 と言う山ノ神であった。

        それはまるで糖尿病患者のインスリンを投与するようなもの・・・
        だから、「点滴」 というのである。

        食事時間を、「30分だよ!」 と切ったのであるが、
        その間2本である。そして、ラーメンもである。

        食の細い山ノ神が、その時間で収まるわけがない。
        急かせると、「この至福の時間を壊すのか・・・」
        とでも言いたげな目をする。

        なのに、家に戻れば、帰京時間の迫るムコ殿と、
        対等に付き合いをするからビックリである。

        「あれは、昼の分。これは夜の分。」 とか・・・・・・
        心配なのは、点滴剤が底をつきそうは事。